食時の回数を増やせば増やすほど痩せる!?が…

結論から申し上げますと理論上は痩せやすくなります。

この効果を出すには一日の総カロリー量が変わらないことが前提条件となり、
単純に食べ過ぎてしまっている場合は当てはまらないので注意してください。

では、どのようにしてその効果が得られるか解説していきます。

食時の回数を増やすと理論的には痩せる

人が痩せる為には、一日の消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。

摂取カロリーとは食時から得られるカロリーで、
食材選びなどでコントロールがしやすいです。

人が生きるための基礎代謝を始め、運動などでカロリーが消費されます。

その消費カロリーの中でも「食時誘発性代謝」というものがあり、
食べた物は消化吸収するのにもエネルギーが使われるのです。

そのため、食時の回数が増えれば増えるほど消費カロリーが増えるということです。

さらに代謝について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください↓

自分の身体や生活スタイルと相談してみる

食時回数を増やすのは中々難しいので無理のない範囲で行ってみて下さい。

ボディビルダーのような人たちは3時間起きに食時を摂る人もいますが、
消化吸収の問題もあり食べ過ぎは内蔵が疲れてしまいます。

私も一日5食を心がけていたのですが、
常に満腹感があったのと体重減少はあまり感じられませんでした。

そこで3食に戻したところ体重がスムーズに落ち始めたので、
この理論は全ての人に当てはまる物でなく個人の代謝能力に左右されのではないかと思います。

食時の回数を増やせば増やすほど痩せる!?が…まとめ

今回の結論として、食時回数を増やせば痩せやすいが全ての人に当てはまる物ではないです。

ダイエットで上手くいかない方は今一度、
食べ方や食べるタイミングなどを見直してみると上手くいくかもしれません。

自分の今のベストを探してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA