筋肉がつかない…もう少し諦めないで!

頑張ってトレーニングしているけどなかなか体が変化しない…。

インスタやTwitterの人達を見ると馬鹿でかい人達ばっかりで自分がちっぽけに見えてきた…。

「自分には才能がないから筋トレ辞めようかな…」

私自身も少し前まで同じ気持ちで本気で筋トレを辞めようかと迷いました。

しかし変化のでない理由は自分自身にありました。

その内容が全員に当てはまるか分かりませんが、
成果を出すためのヒントになればいい思います。

頑張っているのに筋肉がつかない理由とは?

私自身がトレーニングをしていて変化が出なかった理由が3つほどあります。

その理由としては

  1. トレーニング種目が同じ
  2. なんとなく筋トレをこなしていた
  3. 適当な栄養摂取

結構、思い当たる方も多いのではないでしょうか?

どのようにして私が改善したのかも踏まえて解説していきます。

1.トレーニング種目を変えてみよう

私は各部位のトレーニングで同じ種目をひたすら行っていました。

刺激に慣れてしまい筋肉が成長しにくくなってしまうからです。

重量や回数を増やすことでも刺激に変化を出すことが可能ですが、
やがて直ぐに慣れてしまいます。

そこで取り入れたのが新しい種目です。

慣れていないため扱える重量はガクッと下がりますが、
刺激は新鮮なので久しぶりに筋肉痛になると思います。

新しいことにチャレンジするのは大変でしたが、
筋肉を成長させることに必死だったので頑張ることは出来ました。

1つづ変化させてみて下さい!

2.筋肉について少し覚えてみる

筋肉がどこについて、どんな動きをするのか調べてみることです。

これは結構重要なところで知ってるのと知らないので後々、
ボディーブローのようにジワジワと効いてきます。

筋肉がどのように動いているのか意識することで筋肉が成長しやすくなると言われております。

これは原理原則でも言われており重要なので、
知らない方は下記の記事を参考にしてください↓

調べ方としては
「大胸筋 起始停止」みたいな感じでGoogleで調べると簡単にわかると思います。

まずは狙いたい筋肉の作用を調べていくことが成長の近道でした。

3.サプリメントを最大現に活用してみる

コレがどういことか言うと、
自分にとってそのサプリメントは何故必要なのか説明出来るようにすることです。

なので何でもオススメされたサプリメントを摂取するというのは
最大限に活かしきれていない可能性があります。

タンパク質が食時で十分に摂れているのにプロテインで足してしまうと、
腸内環境を悪化させて吸収効率を下げる場合もあります。

正しく私がこの現象で常にお腹のハリ感や便秘気味でした。

ここでプロテインをいったん辞めて、
クレアチンやビタミン類をしっかり取るようになってから調子が良くなりました。

自分の体にあったサプリメントやタイミングなどを考えることが、
成果を出す近道だと思います!

どんなサプリメントが良いのか迷ったら下記の記事を参考にしてください↓

筋肉がつかない…もう少し諦めないで!まとめ

筋トレを通して学んだことは
自己対話することで身体も変化するということでした。

なんとなくでも最初のうちは伸びるのですが、
自分の体の声を聴いてトレーニングをしなければ必ず壁にぶち当たります。

今回の記事を通して少しでも筋トレのヤル気が復活してくれれば幸いです。

人と比べないよう頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA