本当にあった糖質制限の怖い話

糖質制限って有名だけどやっぱり痩せるの?
なるべくはやく痩せたいから効果を知りたいです。

ダイエットには数多く方法がありますよね。

その中でも「糖質制限ダイエット」は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

このダイエットはかなりメジャーで効果も出ている方も多いです。

しかし、メリットは取り上げられることは多いのですが
その裏で体に大きな負担が掛かっている可能性が高いです。

今回はデメリットも知った上で「糖質制限ダイエット」を行うかどうか
考えてみてください。

それでは解説していきます。

本当にあった糖質制限の怖い話

糖質制限ダイエットとは、
名前の通りで「糖質(炭水化物)」の量を減らすダイエット方法です。

糖質にはどんな物があるかというと↓

  • ご飯、パン、そば、うどん、パスタ
  • 果物や一部の野菜
  • アイスやお菓子

炭水化物は主食のほとんどに含まれており、制限するとなると
食べる物が肉や魚などがメインになります。

糖質制限ダイエットの効果は有名ジムで話題になり、
人によっては3カ月で-20㎏の減量を行える方もいるみたいです。

しかし、この成果の裏には多くの犠牲もあるのです…

糖質制限の怖い話.その1 減っているのは脂肪ではない

糖質制限ダイエットによって-20㎏行った人もいますが、
実はそこまで脂肪は減っていないのです。

糖質制限で1~2週間で3kg減る方もいますが、
減っているのは殆どは体の中にある水分によるものです。

実は糖質1gにつき水分が約3gくっついており、
体の中に糖質をため込んでおける量は300~450gと言われております。

仮に体の中の糖質が400g抜けた場合は水分が1200g抜けるので、
体重的には1.6㎏は脂肪が減っている訳ではありません。

残りの1.4㎏が体脂肪かというと残念ながら違います。

体の構成している割合は60%は水分(血液なども含む)なので、
純粋に体脂肪としては2~300g減っていればいい方です。

糖質制限の怖い話.その2 老けやすくなる

過度に糖質(炭水化物)を摂り過ぎても老けるのですが、
少なすぎても老けてしまいます。

適度な糖質摂取は血管壁や組織の炎症を抑えてくれる効果があります。

糖質を過度に控えてしまうと炎症が強くなり体は酸性に傾いてしまいます。

酸性に傾いてしまうとシミや老化の原因ですので、
短期的に痩せないといけない状態でなければ控えた方が良いです。

老ける原因の記事も貼っておくので、参考にしてみてください↓

糖質制限の怖い話.その3 一時的に痩せるが太りやすくなる

糖質制限で最も怖いのが「リバウンド」のしやすくなることです。

某ダイエットジムでも大幅に痩せて数ヶ月経った後も、
痩せた体を維持できている芸能人は何人いたでしょうか?

ほとんどが維持できずに少なからず太っています。

原因としてダイエットを習慣化出来ていないもあります。

一番の問題は「耐糖能」が下がってしまっていることが原因です。

体に糖質が入ってくると「インスリン」というホルモンを出して血糖値をコントロールしています。

耐糖能が低いという事はインスリンが効きにくくなり、
糖質を上手く対処できずに血糖値が上がったままになり体がボロボロになります。

痩せるために始めた糖質制限により、
痩せにくくなるだけでなく病気になる可能性が高いのも知っておいて下さい。

筆者自身による糖質制限の体験談

私自身も約2カ月にかけて糖質制限ダイエットを行いました。

結果としては5㎏近く体重が落ちたのですが、
痩せたというより痩せこけたという表現が正しいです。

特に頬がこけてしまい、筋肉にもハリ感がなくなってしまいました。

体調的にはそこまでの不調は感じませんでしたが、
知り合いからは体調が悪いのではないかと心配されました。

総評としては、体重は減るが体調や老化を増進する可能性が高いので
オススメは出来ないです。

なにかを制限するのではなくバランスの良い食事と運動を心がけるのが
大事になります。

運動は血液の循環や筋肉がつくことで代謝が上がりますので、
健康的に痩せたいのであれば一緒に出来ると良いです。

せっかく痩せるなら健康的にダイエットしたいですね!

トレーニング方法の記事も一緒に貼っておきます↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA